限定醸造「Oath of the Peach Garden」を発売

2020/04/17

Far Yeast Brewingは、2020年4月17日(金)より、限定醸造の「Oath of the Peach Garden」(オース オブ ザ ピーチ ガーデン)を発売します。

「Oath of the Peach Garden」は3種類のウィートエールをブレンドしています。八ヶ岳ブルワリーとのコラボレーション「Peach Weiß」、Edge Brewing Projectとのコラボレーション「Japanese Grape Saison」、当社の「東京ホワイト」に金木犀を加えたビール、これらのビールをウイスキーやワインづくりに使われた木樽で最大18ヶ月間熟成させました。

ビールの熟成具合を確かめながら、ブレンディングとテイスティングを繰り返して完成したバレルエイジビールです。桃の果実と花の甘い香りがふわりと広がり、樽熟成による木の香りやウイスキーの風味が味わいに奥行きを与えています。優しい酸味とフローラルなアロマに果実味を感じられる軽い飲み口のビールに仕上がりました。

【香りが開くビールです】

Oath of the Peach Gardenは、ワインのようにグラスに注いだ後に、香りが変化していくビールです。ワインでは一般に香りが「開く」と表現され、ワインを空気に触れさせることで口当たりをまろやかにしたり、ワインに隠れていた香りを感じられるようになることを意味します。Oath of the Peach Gardenは注いだ直後にほのかな硫黄臭がしますが、少し時間を置くかグラスを回してビールを空気に触れさせることで、この臭いは薄れてゆき徐々にフルーティーなアロマが顔を出します。

【Oath of the Peach Garden 名前の由来】

「Oath of the Peach Garden」=「桃園の誓い」。「三国志」に登場する、主人公の劉備・関羽・張飛が義兄弟の誓いを結ぶ逸話が名前の由来となっています。世界的な苦難の時代に私たち全員を結びつけるという意図を持って、友愛の気持ちに触発されこの名を名付けました。桃とウイスキーと金木犀、それぞれの風味が三位一体となった、芳醇な味わいをお楽しみください。

【商品概要】

商品名:Oath of the Peach Garden

販売開始日:4月17日(金)

価格:オープン価格

原材料:麦芽(外国製造)、ぶどう、桃、小麦、糖類、ホップ、金木犀

アルコール度:7.0%

IBU:15

品目:発泡酒

醸造所:Far Yeast Brewing源流醸造所(山梨県小菅村)

仕様:330ml瓶、750ml瓶、10Lステンレス樽

弊社ECサイトでは750mlがご購入頂けます。→ご購入はこちら