限定醸造「Far Yeast Peach Session」を発売

2019/07/26

2019年8月8日(木)より、クラフトビールブランド「Far Yeast」の限定醸造「Far Yeast Peach Session」(ファーイースト ピーチセッション)を発売します。

「Far Yeast Peach Session」は、山梨県産の桃をふんだんに使用した夏にピッタリのフルーツエールです。
同商品では、傷がついてしまったり熟れすぎてしまったはねだし(規格外)の桃を使用しています。ビールの仕込み前日に収穫されたばかりの2019年のフレッシュな桃と、一部2018年に収穫された桃、合計430kgを贅沢に使用。醸造チーム総出で約5時間かけてピューレ状に加工を行ないました。

【加工の様子】
①タンクに水を張って桃を洗います

②表面の皮の毛を取ります

③きれいになった桃

④洗ったきれいな桃をひとつずつカットします

⑤ひとつずつ丁寧にカットします

⑥最後はミキサーでピューレ状にします

同商品は、「Far Yeast Peach Brut」(2019年3月発売)をはじめとした当社の限定醸造商品に毎年使用している、山梨市の人気カフェ「桃農家カフェ ラ・ペスカ」を運営している桃農家「ピーチ専科ヤマシタ」(本社:山梨県山梨市、代表取締役:山下一公)の桃を使用しました。ピーチ専科ヤマシタの桃は、自然の力を活かして果実本来のおいしさを最大限に引き出した「こだわり農法」で育てられています。

同商品は、樽とボトルの2種類で展開予定です。樽は7月26日(金)から開催される「地ビールフェスト甲府」で先行開栓。その後、樽・ボトルともに8月8日(木)より全国で販売開始予定です。

当社では今後も限定醸造品などの新アイテムを取り入れ、日常の様々なシーンでたくさんの皆様に喜んでいただける商品の提供を目指します。

【Far Yeast Peach Session 商品概要】


商品名:Far Yeast Peach Session
販売開始日:樽・ボトルともに8月8日(木)
価格:オープン価格
原材料:桃・大麦麦芽・糖類・ホップ
アルコール度:4.8%
IBU:25
スタイル:Session Fruit Ale
品目:発泡酒
醸造所:Far Yeast Brewing源流醸造所(山梨県小菅村)
仕様:15L樽及び330mlボトル