山梨県産のぶどう 甲州とマスカット・ベーリーAを贅沢に使ったバレルエイジビール“Aspire to Grapeness”を2月14日(金)より発売

2020/02/14

 Far Yeast Brewing株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山田司朗)は、イノベーティブなビール造りに挑戦する新ブランド『Off Trail』の第3弾商品として山梨県甲州産のぶどう、甲州とマスカット・ベーリーAを最大限に表現したバレルエイジビール「Aspire to Grapeness(アスパイア・トゥ・グレープネス) 」を2月14日(金)より発売いたします。

 本商品は、昨年10月に発売した甲州とマスカット・ベーリーAを使用したセゾンである「Japanese Grape Saison」をベースとしています。Japanese Grape Saisonの主発酵後に、追加でマスカット・ベーリーAを投入してワイン樽とウィスキー樽に移しました。ぶどうの皮についている野生酵母や樽内の微生物による二次発酵を経て、3ヶ月間熟成させています。”Off Trail” のプロジェクトリーダーであるリチャードが「ワインによく使われる品種のぶどうを使ってビールとワインの境界線をなくす挑戦がしたかった」と語っているとおり、ワイン樽とウィスキー樽で醸された複雑な香りと酸味がライトボディの赤ワインを彷彿とさせる奥行きのある商品に仕上がっています。

 バレルエイジ等の野生酵母を使用したビールが好きな方をはじめ、ワイン好きの方もにぜひ味わって頂きたい商品です。

「開く」ことを推奨します

特定のワインと同じように、Aspire to Grapeness も注いだのちに「開く」ことによってさらに美味しく召し上がれます(一般に「開く」とはワインを空気に触れさせることによって、味わいをまろやかにしたり、香りを良くすることを指します)。注いだ後にはほのかな硫黄臭がしますが、少々時間を置いて頂くことでこの臭いは薄れてゆき徐々にフルーティーなアロマが顔を出します。一刻も早く飲まれたいという方は、グラスを回して液面を空気に触れされる、または空気をグラスに吹き込むことで硫黄を押し出すのを早めることができます。

 

【商品概要】

商品名:Aspire to Grapeness 

販売開始日:2月14日(金)

価格:オープン価格

原材料:ぶどう(国産)、大麦麦芽、小麦麦芽、糖類、ホップ

アルコール度: 6.8%

スタイル:Barrel-Aged Saison(バレルエイジドセゾン)

アロマ/テイストの特徴:ベリー系のフルーツのような香り、ぶどうの果実味、野生酵母由来の複雑な香り・味わい、ほのかな酸味、赤ワイン

品目:発泡酒 

醸造所:Far Yeast Brewing源流醸造所(山梨県小菅村)

仕様:330ml瓶、750ml瓶、10Lステンレス樽

 

【Off Trailについて】

「 Off Trail 」は、「Far Yeast 」「KAGUA 」という2大ブランドに次ぐ取り組みとして新たに誕生したブランドです。野生酵母や微生物を活かした商品などのイノベーティブなビール造りをテーマに「しっかりと舗装された道路」から一線を画し“ Off Trail ”=「舗装されていない道」を突き進むイメージから命名されました。今回の”Aspire to Grapeness”は前回の”3 Funkeys”に続く3作目のリリースです。