限定醸造「Far Yeast Nightcrawler」を発売

2018/01/11

2018年1月19日(金)より、限定醸造のNorth East IPA(N.E.IPA)「Far Yeast Nightcrawler」(ファーイースト ナイトクローラー)を発売します。「Far Yeast Nightcrawler」は、クラフトビール専門誌TRANSPORTERと共同開発した、クラフトビールブランド「Far Yeast」の限定醸造商品です。

「Far Yeast Nightcrawler」は、夜も光にあふれ、人で賑わいひしめき合う眠らない街「東京」をイメージしたTransporterプロデュースの限定商品です。ドライホッピングに「モザイクホップ」というホップを使用したことで、苦くて甘いトロピカルなIPAに仕上がりました。

同商品は樽とボトルの2商品で展開予定です。1月17日(水)より全国49店舗にて先行開栓。その後、樽は1月19日(金)、ボトルは1月下旬より全国で販売開始予定です。

S__36839428

IMG_2038_low
(写真左:仕込み翌日の発酵中の様子 写真右:Far Yeast Brewing代表 山田司朗と田嶋伸浩氏)

〜TRANSPORTER BEER MAGAZINE 編集長 田嶋伸浩氏より〜
「僕がアメリカを3週間旅した際に出会った”HAZY”な”NORTH EAST STYLE IPA”(日本酒で言えば濁り酒のようなテイスト)。”程よいHOPの苦み”と”強烈なHOPの甘み”が両立する独特な味が忘れられず、Far Yeast Brewingで日本人にしか出来ないオリジナルでいてHAZYなIPAのレシピを考案する事になりました。アメリカと同じモノではなく、アメリカに影響を受けたHAZYなIPAに仕上がっていると思います。今回のIPAは鮮度が命!早く飲めば飲む程味わいは甘く、時間が経てば経つ程苦みが強くなるという特徴のあるこの”濁りビール”を是非お試しください!と言うより必ず飲んで下さい。」

当社では今後も限定醸造品などの新アイテムを取り入れ、日常の様々なシーンでたくさんの皆様に喜んでいただける商品の提供を目指します。

【Far Yeast Nightcrawler商品概要】

gazou_Nightcrawler NEIPA_low

商品名:Far Yeast Nightcrawler
販売開始日:1月17日(水)より全国49店舗にて先行開栓
その後、樽は1月19日(金)、ボトルは1月下旬より全国で販売開始予定
価格:オープン価格
原材料:麦芽、ホップ、糖類(二次発酵用)
アルコール度:6.3%
スタイル:North East IPA*
仕様:15L樽及び330mlボトル

*North East IPA(ノースイーストIPA)とは、アメリカのニューイングランド地方(マサチューセッツ州など北東部の6州、中心都市はボストン)で生まれた新しいIPAのスタイルです。従来から人気の西海岸発祥のウェストコーストIPAに対し、東海岸で生まれたスタイルとして注目を集めています。
外観は濁りが強くゴールドからオレンジ色、まるでマンゴー、オレンジ、パインのような強烈なホップのアロマとフレーバーが特徴です。
ニューイングランドIPAと呼ばれることが一般的ですが、ノースイーストIPA、ヘイジーIPAなどと呼ばれることもあります。

本日より公式ストアページにて、ご注文のご予約を受け付けます。
・Far Yeast Nightcrawler   6本セットご予約ページ
・Far Yeast Nightcrawler 12本セットご予約ページ

お届けは1月下旬頃を予定しております。別の商品と一緒にお買い求めいただいた場合、こちらと同時にお送り致します。

【先行開栓について】

1月17日(水)よりこちらの49店舗にて、先行開栓いたします。

【TRANSPORTER BEER MAGAZINEについて】

クラフトビール情報マガジン『TRANSPORTER BEER MAGAZINE』は2014年からスタートし、現在では年4回発行、発行部数年間6万部以上にのぼります。TRANSPORTERはクラフトビールを日本にカルチャーとして根付くよう、世界中の情報を集め(アメリカ、イギリス、台湾にライター数名在住)、日本のクラフトビールシーンを盛り上げようとフリーマガジン発行、イベント企画、ビールプロデュースなどを手がけ、ファッションからライフスタイル迄を提案しています。

TRANSPORTER BEER MAGAZINE Website