自社工場「源流醸造所」(山梨県小菅村)の初仕込み 「Far Yeast TAPECUT IIPA」を発売

2017/05/25

Far Yeast Brewing株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山田司朗)は2017年6月上旬に、「東京」をテーマにしたクラフトビールブランド「Far Yeast」の源流醸造所での初仕込み(1stバッチ)「Far Yeast TAPECUT IIPA」(テープカット インペリアルアイピーエー)を発売します。

TAPECUT IIPA(ボトル&グラス)

 

「Far Yeast TAPECUT IIPA」は、山梨県小菅村の自社工場「源流醸造所」での初仕込みとなる限定醸造ビールです。センテニアルを中心にアメリカンホップをふんだんに使用し、しっかりとしたボディのインペリアルIPAに仕上がっております。
アルコール度数は8.0%、IBU *は50。

*IBU: International Bitterness Units。国際苦味単位。苦味のレベルを表す尺度。通常のピルスナーは通常IBU 20〜30

弊社ブルワーの栁井のコメントです。
「Far Yeastの幕開けとして記念すべきビール。熟成しても楽しめるような味わいを目指しつつ、飲みやすさも考え、苦味、アルコール感、香りのバランスを重視した造りを意識しました。手探りで仕込んだ初ビールですが、その分とても考え、美味しくできてほしい!とブルワー全員の最も想いのこもったビールに仕上がりました。」

同商品は樽とボトルの2商品にて展開します。まずは樽から出荷を開始します。
ボトルの出荷は6月中旬を予定しており、本日より公式ストアページにて、ご注文のご予約を受け付けます。

なお、「Far Yeast TAPECUT IIPA」発売後、「Far Yeast」シリーズの定番商品である、「東京ブロンド」および「東京ホワイト」に加え、新たに定番商品となるベルジャンIPAスタイルの「東京IPA」を順次発売致します。

当社では今後も限定醸造品などの新アイテムを取り入れ、日常の様々なシーンでたくさんの皆様に喜んでいただける商品の提供を目指します。

【商品概要】

商品名:Far Yeast TAPECUT IIPA(ファーイースト テープカット インペリアルアイピーエー)
販売開始日:2017年6月上旬(樽は5月27日・28日に先行開栓)
価格:オープン価格
原材料:大麦麦芽、ホップ、糖類
アルコール度:8.0%
スタイル・特徴:アメリカンホップが香るしっかりとしたボディのインペリアルIPA
仕様:15L樽及び330mlボトル

 

※販売開始に先立ち、下記の店舗にて先行開栓いたします。

・びあマBAR(東京都足立区千住2-62)
・BEER DINING THE GRIFFON 渋谷店(東京都渋谷区渋谷2-22-6 幸和ビルB1F)
・Watering Hole(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-26-5-103)

※販売開始に先立ち、下記のイベントにて先行開栓いたします。

・東京ビアウィーク2017キックオフイベント
5月27日〜28日 Farmer’s Market @UNU(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
・沖縄オクトーバーフェスト
5月27日 Butler Officer’s Club(沖縄県中頭郡北谷町玉上79−4)