『うまい日本酒をつくる人たち』発刊記念 増田晶文さんのトークイベントを開催を開催します

2017/11/16

12月3日(日)に『うまい日本酒をつくる人たち』発刊を記念して、著者の増田晶文さんのトークイベントを開催いたします。

書影1:帯付き2296-うまい日本酒をつくる人たち

まずはFar Yeast Brewingのクラフトビールで乾杯。増田さんイチオシの日本酒4種類と日本酒に合わせた肴をつまみながら、日本酒とクラフトビールについて語り尽くしましょう。日本酒は当日までのお楽しみです。

クラフトビール好きだが、日本酒にも興味があり、これから様々な日本酒を試してみたい方。日本酒が好きで飲む機会はあるが、もっと本格的な知識を身につけたい方。とにかく日本酒が好きで、一杯やりながら増田さんにいろいろ質問したい方、ぜひご参加ください。

みなさまのご参加をお待ちしております。

【イベント概要】

日時:2017年12月3日(日) 14:00~16:00
場所:Far Yeast Tokyo Craft Beer & Bao
JR山手線渋谷駅の15番出口より徒歩6分/東京メトロ千代田線・半蔵門線・銀座線 表参道駅のB1番出口より徒歩8分
会費:4,000円(乾杯のFar Yeastのクラフトビールと4種類の日本酒、オリジナルの肴付き)
終了後はそのまま通常営業。参加者のみなさまには通常営業時のビール10%オフとさせていただきます。
定員:20名
ゲスト:増田晶文
司会進行:山田司朗

【プロフィール】

増田晶文(ますだまさふみ)
増田晶文さん pic
作家。1960年大阪生まれ、同志社大学法学部卒業。日本酒にかかわる前著『うまい日本酒はどこにある?』(草思社)では、蔵元や杜氏から酒販店・居酒屋まで、日本酒の流れの川上から川下までを丹念に訪ね歩いた。今回は、いわば源泉である蔵を訪れて「人」に会い、その想いと言葉に向き合いながら、彼らのつくったうまい酒をじっくりと味わう一冊となった。日本酒関連としては、コミック『いっぽん!! しあわせの日本酒』(集英社「グランドジャンプ」掲載)の原作を担当。主な作品として『果てなき渇望』『吉本興業の正体』(ともに草思社文庫)のほか、近年は小説に力を注ぎ、『ジョーの夢』(講談社)、『エデュケーション』(新潮社)、『稀代の本屋 蔦屋重三郎』(草思社)などを発表している。

山田司朗(やまだしろう)
1975年生まれ。大手VCでキャリアをスタートし、サイバーエージェントでは経営企画室長、その後、オン・ザ・エッヂ(のちのライブドア)では取締役。2005年、イギリス・ケンブリッジ大学に留学し、MBA(経営学修士)を取得。現地で多様なビール文化に触れる。帰国後、ビール研究と事業準備をスタート。2011年9月に日本クラフトビール株式会社を設立し、「馨和 KAGUA」を大ヒットさせる。

【当日のスケジュール(仮)】

乾杯
テーマ1 新しい造り手・注目の造り手たち
テーマ2 日本酒の地盤沈下
テーマ3 日本酒の楽しみ方
テーマ4 これからの日本酒
質疑応答

【お申込み】

イベントページよりお申込みください。
当日会場にて現金またはクレジットカードでお支払いをいただきます。

【お問い合わせ】

Far Yeast Brewing株式会社 お問い合わせフォームからお送りください

【その他】

イベント中に撮影したお写真をSNSでのレポートに使用する場合があります。