「Far Yeast 東京ホワイト」がインターナショナル・ビアカップ2017で金賞を受賞

2017/09/19

「Far Yeast 東京ホワイト」が、インターナショナル・ビアカップ2017において金賞を獲得しました。

tokyo white

9月17日(日)に横浜港大さん橋ホールで開催された授賞式で、ビアスタイルごとに金賞・銀賞・銅賞が発表され、「Far Yeast 東京ホワイト」がフリースタイルライトエール部門で金賞を受賞しました。

インターナショナル・ビアカップは1996年から開催されている、世界で3番目に古い歴史がある審査会です。40カ国の海外招聘ジャッジや国内招聘ジャンジから構成される64名の審査員による厳正なるテイスティングにより、ボトル・缶部門とケグ部門、それぞれ106のスタイルごとに審査が行われ、スタイルごとに金、銀、銅賞が決定されます。

主催者によれば、今年は世界24か国から554銘柄のビールがエントリー。約半数が海外からのエントリーされ、非常にハイレベルなコンペティションとなりました。

自社工場「源流醸造所」仕込みのビールが初受賞となりましたので、今回の受賞を励みに、さらなる高みを目指して進化を続けていきます。

受賞ビールについてはこちら
インターナショナル・ビアカップ2017 受賞ビール一覧