和の馨るエール「馨和 KAGUA」 RougeがHong Kong International Beer Awards2017を受賞

2017/09/08

和の馨るエール「馨和 KAGUA」Rougeが、Hong Kong International Beer Awards 2017の「Belgian Style Strong Beer –Dark」部門で大賞(The Winner)に選ばれました。

「馨和 KAGUA」 Rougeの同Awardの受賞は、2013年と2014年の「Belgian Style Strong Beer –Dark」部門に続いて3度目となります。また、2016年には「馨和 KAGUA」Blancが「Belgian Strong」部門で審査員推薦ビールに選出されており、「馨和 KAGUA」シリーズとしては、同Awardで4度目の受賞となりました。

HK international beer award 2017

>>Hong Kong International Beer Awards 2017 受賞ビールList

Hong Kong International Beer Awardsについて

Hong Kong International Beer Awardsは、2009年から開催されている国際的なビールのコンペティションです。ビールの専門家から構成される35名の審査員による厳正なるブラインド・テイスティングの結果、スタイル毎に24の大賞が決定されます。審査員、スタイルともに大会開始当初より大幅に増加し、年々大きな大会となっています。

主催者によると、今年は40以上のディストリビューターから300を超える銘柄のビールがエントリーされました。世界的に評価の高いアメリカやヨーロッパに加え、北欧やオセアニアからもエントリーがあり、世界各国のビールが集う非常にハイレベルなコンペティションとなりました。

>>Hong Kong International Beer Awards 公式HP

和の馨るエール「馨和 KAGUA」について

「和の食卓に映えるビールを世界中の人に楽しんでもらいたい」という想いを出発点に、2012年3月に発売開始した、Far Yeast Brewing 株式会社の基幹ブランドです。「和の食卓に映えるかぐわしさ」をコンセプトに企画したオリジナルレシピ(調合)で、日本を象徴するハーブである柚子と山椒を使い、パートナーであるベルギーの委託醸造所で醸造しています。

小麦を使った淡色上面発酵の「Blanc」と、ロースト麦芽を使った濃色上面発酵の「Rouge」の2つのラインナップがあり、白ワインと赤ワインのように料理との相性によって楽しむことができるのが大きな特徴です。

ミシュランガイドで星を獲得している有名人気店をはじめとして、国内外の高級ホテル・レストランでお取り扱いいただいております。

*「馨和 KAGUA」は、日本の酒税法上では発泡酒に分類されます。
※日本の酒税法では、ビールに使用する原材料が限定されており、ゆずや山椒を使用する「馨和 KAGUA」をビールと表示することはできません。
(発泡酒ではありますが、麦芽比率や製法などはビールと同一であり、税率もビールと同一であるため、いわゆる「節税型発泡酒」とは趣旨が異っています。また、生産地であるベルギーはじめ多くの国の基準では「馨和 KAGUA」はビールと表示されるため、海外市場においては、ビール(Beer)として販売しております。)