【Press Release】「馨和 KAGUA」 ANA国際線ファーストクラスのドリンクに採用

2013/11/18

日本クラフトビール株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山田司朗)の企画・販売する、和の馨るエール「馨和 KAGUA」が、全日本空輸株式会社(ANA)の国際線ファーストクラスにて提供されます。

国際線ファーストクラスでの、“クラフトビール”の採用は非常に珍しい事例で、「馨和 KAGUA」の持つ「和」の雰囲気と、他にはない豊かな香りと味わいが、ファーストクラスの上質な空間に相応しいと評価されました。提供期間は2013年12月〜2014年2月末日の予定です。

2012年3月の発売以来、「馨和 KAGUA」は国内外のラグジュアリーホテルでも採用され、日本のみならず欧米やアジアのハイエンド層からも高い評価を受けております。今回の搭載路線の米国とヨーロッパは、いずれもクラフトビール人気の高い地域であり、同路線に搭乗されるお客様に「馨和 KAGUA」のひと味違った上質さを体験いただけることは、当社にとって非常に貴重な機会となります。

当社では今後とも、「馨和 KAGUA」の持つ上質な価値を、世界中のより多くのお客さまに提供できるよう努めて参ります。

<提供概要>

  • 提供期間: 2013年12月1日〜2014年2月28日
  • 提供クラス: ANA国際線ファーストクラス
  • 提供路線: 日本発着の北米・ヨーロッパ路線
  • 提供商品: 「馨和 KAGUA」Rouge (日本発便)、
         「馨和 KAGUA」Blanc (海外発便)


<和の馨るエール「馨和 KAGUA」について>
「和の食卓に映えるビールを世界中の人に楽しんでもらいたい」という想いを出発点に、2012年3月に発売開始した、日本クラフトビール株式会社の基幹ブランドです。「和の食卓に映えるかぐわしさ」をコンセプトに企画したオリジナルレシピ(調合)で、日本を象徴するハーブである柚子と山椒を使い、パートナーであるベルギーの委託醸造所で醸造しています。

小麦を使った淡色上面発酵の「Blanc」と、ロースト麦芽を使った濃色上面発酵の「Rouge」の2つのラインナップがあり、白ワインと赤ワインのように料理との相性によって楽しむことができるのが大きな特徴です。

ミシュランガイドで星を獲得している有名人気店をはじめとして、香港、シンガポールの高級ホテル・レストランなどでもお取り扱いいただいております。

*「馨和 KAGUA」はゆずや山椒を使用しているため、日本の酒税法では、発泡酒に分類されます。
*発泡酒ではありますが、麦芽比率や製法などはビールと同一であり、税率もビールと同一です。また、生産地であるベルギーはじめ多くの国の基準では「馨和 KAGUA」はビールと表示されるため、海外市場においては、ビール(Beer)として販売しております。

<日本クラフトビール株式会社について>
“Deliver the best beer throughout the world, to as many people as possible”‐和の食卓に映えるビールを世界へ、というミッションのもと、2011 年に設立されました。現在は「馨和 KAGUA」という基幹ブランドのもと、BlancとRougeという2種のラインナップにて、日本発のビールブランドを世界中に発信すべく活動しております。
【Website】 http://www.nipponcraftbeer.com/
【facebook】 http://www.facebook.com/kagua.beer/
【twitter】 http://twitter.com/kaguabeer/

<お問い合わせ先>
日本クラフトビール株式会社 
担当:八反雅代(はったんまさよ)
Email: kagua@nipponcraftbeer.com
TEL:070-5540-2799

飲食店の皆様へ

商品のお問い合わせはこちらからお願いいたします。